私のひとり言
 
  ブログトップhaseland.exblog.jp
  月下美人写真館
おいしい漬け物作り方
京都は太秦で2番目に情報の多い不動産屋の長谷川土地が、ひとこと物申すブログです。よろしければごゆっくりご覧ください。
by haseland
長谷川土地について
このたびは、長谷川土地のブログ私のひとり言を訪れていただき、ありがとうございます。
長谷川土地は、京都市右京区太秦の不動産会社です。主な業務は、売買仲介業務・賃貸仲介及び管理業務・不動産有効利用コンサルティング。みなさまの住まい・不動産をトータルでサポートいたします。

京都市の不動産情報をお求めの方は、京都市右京区を中心とした当社の物件情報を掲載しておりますホームページもぜひご覧ください。
長谷川土地 【HP】
カテゴリ
月下美人
漬け物の作り方
以前の記事
2018年 01月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 03月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
お蔭様で、創業29周年を迎えることが出来ました。

感謝としまして、ご紹介キャンペーン実施中です♪
仲介手数料の20%を現金でもれなく差し上げます


例:価格2,000万円の場合・・・
  ◆弊社の仲介手数料 71.28万円
  ◆お渡しする御礼 14.256万円

私のひとり言
大相撲春場所が始まった。初場所は横綱白鵬の独壇場で終わったが、各力士の名勝負を何番も見せていただいた。前人未踏の33度目の優勝を果たした白鵬は他の力士とは格段の差がある。しかしだ。「一夜明けの会見は止めた方がよい」と発言した。なんと傲岸不遜な発言だ。また、大関稀勢の里戦の物言で同体取り直し判定を審判に批判した。心・技・体の心が具わっていないのだ。また、取組前に支度部屋から花道に差し掛かる前、桟敷で付きびと数人が横綱の前後を固め集中心を高めるため背中を拭かせ、四股や顔や太ももを叩き鼓舞する姿は大一番迎えるための所作だ。絶対にやっていけない事をテレビの画面に出た。全国数千万人の相撲フアンの目に入った。ペットボトルの水を飲むのかと思いきや、うがいをして通路の隅に吐き捨てた。過去に何度もこのような場面を見てはいるが、こんな偉業を達成しても「九仞の功を一簣に虧く」行為は醜い。わしは大横綱だ。他の力士は10年早い。わしだけはなにをやっても文句を言わさぬと世間様に見せつけた。弟子に告ぐ。バケツがあるではないか。バケツが足らなければタライでも置いておけ。たった一人でモンゴルから来日し、相撲一筋の白鵬少年は「臥薪嘗胆で衣錦の栄」の夢を実現したが、いまひとつ「心」を確立して白鵬の名を後世に伝えてもらいたい。神聖な土俵を汚すな。大相撲は興行だ。興行とは広辞苑によると、客を集め、入場料をとって見世物などを催すこと。力士は国技館に入り勝負を終え部屋に戻るまで力士の心を培え。横綱白鵬関、もっと寡黙な人になってほしい
[PR]
by haseland | 2015-03-10 10:34
<< 私のひとり言 私のひとり言 >>
 

since.2001.10 Copyright(C)2005 HASEGAWA TOCHI, Allrights reserved. kyoto